島之内つうしん ≫ その他のグルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロ「PEPE(ぺぺ)」

ここの料理は、最高にうまい!
舌に自信のない私でも断言できる数少ないお店。
それが吹田のビストロ「PEPE(ぺぺ)」。

ビストロ pepe

以前は千里山にあったが、阪急吹田駅から徒歩5分くらいの現在地へ引っ越ししたとこのこと。

店内は4人がけのテーブル2席と、2人がけのテーブルが2席。
店内は小じんまりとしているが、シンプルな内装でオシャレな感じ。
オーナーシェフと奥さんの2人で切り盛りしているアットホームなお店だ。

シェフは世界中で料理修業をしてきたというアウトロー的な料理人。
そんな頑固一徹の職人気質のシェフとほんわかとした人当たりのいい奥さんで、いいコンビだと思う。

ランチコースは「ハンバーグ」、「ミンチカツ」、「ビーフシチュー」、「スペアリブ」。
ポタージュ、ライスまたはパン、サラダ付きで各1300円。
このメニューは夜もやっている。

PEPE特製「オムライス」「魚介のグラタン」はサラダ付きで各1000円。

珈琲、紅茶などのドリンク類はプラス300円。

ディナーコースはアラカルト料金にプラス800円(ポタージュ・ライスまたはパン、サラダ付き)。ドリンクも込みで1人予算2千500円ぐらいからで楽しめる。

コーンポタージュ
コースの最初に出てくるのがポタージュ

この日オーダーしたのは「仔牛のミラノ風カツレツ」。
ビーフカツ
値段は忘れちゃった。

これがめちゃくちゃうまい。
ソースも絶品。
残ったソースはパンにつけて完食。

オードブル
前菜。ランチとディナーでは内容が異なる

料理人はソースに特に神経を使っているので、
ソースも残さず食べてもらえるのが、料理人にとってはうれしいらしい。

ビーフシチュー
ビーフシチュー。これももちろんうまい!

私的には同店のハンバーグも大好き。
初めて食べた時は、非常なカルチャーショックを覚えた。


店名の「PEPE」の由来は、特になく、
子供にでも簡単に覚えてもらえるように響きだけで選ばれたそうだ。
気軽に家族で食べに来て欲しいという気持ちがこもっている。

ちなみに喫煙もOK。

ランチタイムは11時30分~14時30分
夜は17時~21時(ラストオーダー20時)。

席数も少ないので、電話予約がベター。
駐車場も1台分完備。



ビストロ「PEPE(ぺぺ)」
大阪府吹田市泉町2-47-1
TEL:06-6388-6999
定休日:月曜
スポンサーサイト

トルコ料理「PAMUKKALE(パムッカレ)」

地下鉄中央線大阪港駅の1番出口から下りて、海遊館に向かう途中にある
トルコ料理「PAMUKKALE(パムッカレ)」。

トルコ料理パムッカレ

猫好きの私は「猫がいる」という理由だけで入った。

猫3

店内はテーブル席が5つぐらいのこじんまりんとしたお店。
ミニノートパソコンが各テーブルに置いてあり、無料で使える。
水タバコ(1000円)も置いてあるみたい。

メニューは
「チキンドネリケバブ」(1000円)、
「チキンシシュケバブ」(1049円)、
「ビーフドネリケバブ」(1200円)、
「焼きミートボールキョフテ」(1000円)、
「羊飼いのラップ」(600円)、
「羊飼いのサラダ」(800円)、
「ギョズレメ」(1000円)、
「ドネリサンド」(600円)、
「ドネリケバブ」(700円)、
などと値段は少し高め。

ジュース、トルコ茶などのソフトドリンクはオール300円。
残念ながらコーヒーはない。

「チキンドネリケバブ」と「ドネリサンド」をオーダー。
スタッフはトルコ人らしき男性一人。

猫が店内をちょこちょこと歩きまわっている。

トルコ料理パムッカレ猫2

そして、私の膝の上にぴょん。
うひょー、カワユス!!!!

トルコ料理パムッカレ猫

嫁にカメラを渡して、撮ってもらう。
猫をなでなでしているとメニューがやってくる。

トルコ料理パムッカレドネリ
「チキンドネリケバブ」。サラダとヨーグルトが付いてくる

トルコ料理パムッカレドネリサンド
食べかけの「ドネリサンド」。すいません

美味しいのだが、量が思いのほか少ない。

男性スタッフ1人でやっているので、オーダーしたドリンクがなかなかやってこない。
料理の量が少なかったこともあり嫁がお冠の様子。

もっと猫と戯れていたかったが、嫁の機嫌が悪かったので、早々と店を後にした。

私は猫と遊べたので大満足だった。
また行きて~。

カフェ「Label cafe tetote」

北浜駅から難波橋を渡り、北詰めで右に少し入る。
堂島川沿いにあるカフェ「Label cafe tetote」。

tetote.jpg

窓から川が眺められ、木を基調とした内装がぬくもりを感じさせるさわやかなお店。
店名の「tetote」には「手と手」、つまり農家の人の手、漁師さんの手、スタッフの手などたくさんの手と手をつなぎ、お客さんに安全でおいしい料理と楽しい食卓を提供するという理念が込められているらしい。

こちらでランチを食べてきた。
ランチは日替わりのメインディシュを選び、
デリサラダ6種類をバイキング方式でプレートに盛る。
それにおかわりOKの味噌汁とごはん。
さらにコーヒーor煎り番茶orハーブティー付き。
これで1000円。

TETOTEサラダ
バイキング形式でサラダを自分で盛る

この時のメインディシュは
「玉ねぎたっぷりの肉じゃが」
「有機豆腐のロールキャベツ」
「ローストビーフ」など。

選んだのは「玉ねぎたっぷりの肉じゃが」だが、
おしゃべりと食べるので、メインディシュの写真を撮るのを忘れていた。

という訳で今回掲載できるのはバイキングのサラダ6種のみというお粗末な内容。
まあ、それだけ美味しかったという訳で…。

ランチは11時半~14時(ラストオーダー)

ディナーは17時30分~23時。


「Label cafe tetote」公式HP
http://www.label-creators.com/

カフェ「Bergian Beer Clasic Music Cafe 昔懐曲(くらしっく)」

南森町にあるカフェ
「Bergian Beer Classic Music Cafe 昔懐曲(くらしっく)」。

くらしっく

所用で南森町に行った折に入ったカフェ。
コーヒーだけ飲んだが、ランチメニューもあった。

その日の日替わりランチが
「ふろふき大根のさくら味噌かけ」「若鶏のからあげ中華風」「お造り」の3種類で680円。
その他、
「プルコギ丼」(サラダ・スープ付き)500円。
「カリフォルニアロール寿司」(サラダ・スープ付き)500円。
「オリジナルカレー」(サラダ付き)650円。
店名に付いている「Bergian」はベルギーのことだが、メニューは意外に多国籍な感じ。
プラス100円でドリンクが付く。と、なかなかリーズブル。

くらしっく コーヒー

昼飯どきだけあって、店内は盛況。
内装は確かにクラシックな感じで落ち着く。

頼んだホットコーヒーを飲んでいると、
聴いたことのあるイントロが聞こえてくる。

「オーイエー♪オーイエー♪」

聞こえてきた曲は小田和正。

「昔懐曲(くらしっく)」なる店名なので、
てっきりショパンやモーツアルトがかかっていると思ったが…。

確かに昔懐曲ではある。
クラシックと呼ぶにはいささか新しい。

でも店内の掲示板にはクラシックコンサートの告知がいっぱい貼ってあった。
たぶんたまたま小田和正をかけただけなのだろう。

ホットコーヒーは350円だった。


「Bergian Beer Classic Music Cafe 昔懐曲(くらしっく)」
大阪府大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル1F

「Cafe 昔懐曲」ツイッター
http://twitter.com/Cafe_Classic

「Coffee-Beer House KISH(コーヒー・ビールハウス キッシュ)」

吹田市・江坂のオムライス専門店「Coffee-Beer House KISH(コーヒー・ビールハウス キッシュ)」。
木のぬくもりを感じられるログハウス風のお店。
ほっこりとした気分が味わえる。

キッシュ

ランチタイムは満席の時もあるほどの人気店らしい。

今回は2人連れで入店。

注文したメニューは
「完熟トマトソースとソーセージのオムライス」(980円)と
「インディアンオムライスのチーズ焼き」(1000円)。

kisy-メニュー1
「完熟トマトソースとソーセージのオムライス」

インディアン
「インディアンオムライスのチーズ焼き」

キッシュ サラダ
「インディアンオムライスのチーズ焼き」はサラダ付き

どちらも美味しかった。
「インディアンオムライス」は、サラダ付き。
カレーにチーズたっぷりで、チーズ好きにはたまらない。
しかも一口かつが中に入っていて、ガッツリ感があって大満足。

オムライスというと男性には物足りない印象があるが、
ココならボリュームがあるので、十分おなかいっぱいになると思う。

kish-コーヒー
ドリンク付きなのがうれしい

その他オムライスメニューは
「キッシュのオムライス」(900円)、
「キムおばさんの肉じゃがオムライス」(980円)、
「きこりおじさんの大好物のオムライス」(980円)、
「ほうれん草とベーコンのクリームオムライス」(980円)、
「ちりめんポン酢のオムライス」(980円)、
「ガンジーさんもビックリオムライス」(980円)、
「京ねぎと明太子のオムライス」(980円)、
「ハンバーグ&キッシュ」のオムライス(980円)、
と種類が豊富。
全て、スープ&ドリンク付き。

あとオムライスのチーズ焼きのメニューも
「インディアンオムライスのチーズ焼き」の他、
「メキシカンオムライスのチーズ焼き」(1000円)、
「和風きのこと白玉団子のオムライスのチーズ焼き」(1000円)、
「地中海風オムライスのチーズ焼き」(1000円)
がある。
こちらもドリンク付き。

パフェ各種(680円)やブレックファーストメニューも。
各種ドリンクもそろっているのでカフェとしても利用しやすそう。



「Coffee-Beer House KISH(コーヒー・ビールハウス キッシュ)」
大阪府吹田市江の木町2-20 豊友マンション 1F
プロフィール

凪井のん

Author:凪井のん
花
島之内で仕事をしています。
雑然とした雰囲気で、妙な懐かしさのあるこの場所に愛着があります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。