島之内つうしん ≫ 非関連記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画業界も影響を受けているようで…

地震のことを除いて、ショックだったのが、
北野武監督で予定されていた「アウトレイジ」の続編が無期延期になったということ。
配役が大物ボスとして西田敏行が決定していて今旬クランクイン(撮影開始)だった。

だが、監督が地震で大変なショックを受け、撮影できる状態ではないのだとか。

また別件だが、知り合いの映画の照明さんをやっている奴も、
地震の影響で仕事がないらしく、関西に戻って来ている。

尊敬する映画関係者の方々、日本の復興のためにも、
ぜひバリバリと映画を作ってください!!
スポンサーサイト

おおっと、もう3月!!

仕事の忙しさにかまけて、
ブログを更新せずにいたら、早1ヶ月!!!

明日は3月じゃないか。
春の足音もすぐそこに聞こえる…
なんて言っている場合じゃない。

香港旅行の記事もパンダのところで止まったまんま。
オーマイゴッド! 香港旅行のことも忘れかけているよ~。
まだまだいっぱい書きたいことがあるのに。

島之内関連の記事も全然書けてない~。

とりあえず、明日やろう。

「明日やろうは、バカやろうだ」なんてセリフを、
「プロポーズ大作戦」ってドラマで言っていた。

元ネタは別にありそうな、軽いノリでありながら深いセリフだ。

だけど、
明日やろうで、明日できたら、それはそれで素晴らしいことだと思う。

「ソルト(SALT)」(2010年・アメリカ)

「ソルト(SALT)」(2010年・アメリカ)


実態はCIAである石油会社に勤めるソルト。ある日、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフによって情報がもたらせる。それはアメリカの仕業に見せかけた訪米中のロシア大統領暗殺計画と、その為にロシアから送り込まれたソルトという名の女スパイの存在。このことによりソルトはCIAに二重スパイを疑われ、CIA施設から脱走する。そして翌日、ソルトは変装し、アメリカ副大統領の葬儀に出席していたロシア大統領を暗殺する。

あらすじは単純。だが最初から最後まで突っ走るようなスピード感がいい。
前半のCIA施設で、特殊部隊に囲まれている状態であわや絶対絶命。「冒険野郎マクガイバー」並みの機転で、その場にある物を利用して脱出するくだりは爽快だ。

格闘シーンは頑張っているものの、大味な感じが否めないのが残念。
ジェイソン・ボーン級のCQCが見たかった。

あと、アンジェリーナ・ジョリーならではのお色気シーンが全くないのも、ちょっぴり悲しい。

元々はトム・クルーズが主役を張る予定だったらしいが、
主役の性別を変え、ヒロインアクションにしたのは正解だったのではと思う。


「ソルト(SALT)」(2010年・アメリカ)
監督:フィリップ・ノイス
出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー

ビストロ「PEPE(ぺぺ)」

ここの料理は、最高にうまい!
舌に自信のない私でも断言できる数少ないお店。
それが吹田のビストロ「PEPE(ぺぺ)」。

ビストロ pepe

以前は千里山にあったが、阪急吹田駅から徒歩5分くらいの現在地へ引っ越ししたとこのこと。

店内は4人がけのテーブル2席と、2人がけのテーブルが2席。
店内は小じんまりとしているが、シンプルな内装でオシャレな感じ。
オーナーシェフと奥さんの2人で切り盛りしているアットホームなお店だ。

シェフは世界中で料理修業をしてきたというアウトロー的な料理人。
そんな頑固一徹の職人気質のシェフとほんわかとした人当たりのいい奥さんで、いいコンビだと思う。

ランチコースは「ハンバーグ」、「ミンチカツ」、「ビーフシチュー」、「スペアリブ」。
ポタージュ、ライスまたはパン、サラダ付きで各1300円。
このメニューは夜もやっている。

PEPE特製「オムライス」「魚介のグラタン」はサラダ付きで各1000円。

珈琲、紅茶などのドリンク類はプラス300円。

ディナーコースはアラカルト料金にプラス800円(ポタージュ・ライスまたはパン、サラダ付き)。ドリンクも込みで1人予算2千500円ぐらいからで楽しめる。

コーンポタージュ
コースの最初に出てくるのがポタージュ

この日オーダーしたのは「仔牛のミラノ風カツレツ」。
ビーフカツ
値段は忘れちゃった。

これがめちゃくちゃうまい。
ソースも絶品。
残ったソースはパンにつけて完食。

オードブル
前菜。ランチとディナーでは内容が異なる

料理人はソースに特に神経を使っているので、
ソースも残さず食べてもらえるのが、料理人にとってはうれしいらしい。

ビーフシチュー
ビーフシチュー。これももちろんうまい!

私的には同店のハンバーグも大好き。
初めて食べた時は、非常なカルチャーショックを覚えた。


店名の「PEPE」の由来は、特になく、
子供にでも簡単に覚えてもらえるように響きだけで選ばれたそうだ。
気軽に家族で食べに来て欲しいという気持ちがこもっている。

ちなみに喫煙もOK。

ランチタイムは11時30分~14時30分
夜は17時~21時(ラストオーダー20時)。

席数も少ないので、電話予約がベター。
駐車場も1台分完備。



ビストロ「PEPE(ぺぺ)」
大阪府吹田市泉町2-47-1
TEL:06-6388-6999
定休日:月曜

お別れ

超個人的な話だが、別れようと思う。

長い間連れ添ってきた。
一時期、別れていたときもあったが、その魅力が忘れられずよりを戻してしまい、その後ズルズルと関係を続けてしまった。
嫁に、「浮気だ」とののしられ、「私かどっちらかを選べ」と迫られたこともあった。

その相手とはタバコなのだが。


分煙化の流れ、タスポ導入、増税などの不条理な社会的圧力に屈したわけではない。

嫁の圧力に負けた…。



しかし、なんでここまでタバコが悪者扱いされなければ、ならないのか。
元々国営でやっていた産業だよ。
都市部の排気ガスの方がよっぽど体に悪いというし、
アルコールのほうが、海老蔵みたいな酩酊状態でのトラブルや、交通事故などの原因になってよっぽど有害じゃないかと思う。

最近のニュースでは、このまま行けば、2050年ぐらいにはタバコの生産自体がなくなるんじゃないかという話もあった。
そうなったら、ハードボイルド映画の重要な小道具がなくなる。
ジョニー・トーの映画のように、撃ち合いしながら、タバコを吸うというシブイ演出もできなくなるじゃないか。
(先日香港に行ったら、都市部の禁煙ムードにビックリしたが…)

以前、禁煙した友人が言っていた。
タバコは忘れられない昔の恋人のようだ、と。
その友人は見事復縁していたが…。

とりあえず、
いつかまた合う日まで、
SO LONG…タバコ。
プロフィール

凪井のん

Author:凪井のん
花
島之内で仕事をしています。
雑然とした雰囲気で、妙な懐かしさのあるこの場所に愛着があります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。