島之内つうしん ≫ インド1人旅(2006年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド1日目デリー

エアインディア

エアインディアで、関西空港から香港経由でデリーへ。

機内食
一回目の機内食

香港
香港上空

機内食2
香港を過ぎてから出た機内食

デリーに到着したのは夜9時くらいだった。

「夜に空港でタクシーを拾うのは危険だからやめた方がいい。どこか分からないところに連れていかれて、身ぐるみ剥がされたり、運が悪かったら殺されたりしますから」
とインドに以前行ったことがあるという後輩から脅かされていたので、
バスを探した。

バスを探そうにも全然勝手が分からず、人に聞いたりして、ようやくデリー中心部に向かうバスに乗ることができた。

バスの中はうす暗く、日本人は私ぐらいだった。
どこで降りるのがべストか分からないので、「地球の歩き方」のMAPを見て、
行き先と照らし合わせる。

なんとなく中心部っぽい「CONNAUGHT PLACE(コンノートプレイス)」という場所でバスを降りた。

もちろんホテルなど予約してないから、今から探さなければならない。

もう夜11時ぐらい。予想以上に暗~い。
店など一軒も空いてない。ホテルらしきものはチラホラある。

ウロウロしていると、人がやたら声をかけてくる。
やたら暗いので相手の姿がはっきり見えない。
怖~~。

たぶん「何してるの?」とか「ホテル探してるのかい?」とか言ってきてたと思うけど、
あまりの夜の暗さに恐怖心にかられ、取りあえず「ノーサンクス」とか言いながら、かわす。

暗くて方向感覚がないのでこのままではヤバイと思ったので、
近くにあったホテルにチェックイン。

ホテルの部屋
ホテルの部屋。ホテル名は忘れた。荷物はソファーのバックのみ

ホテルの中にあったバーで、「KING FISHER」ビールを飲み、やっと一息ついた。

キングフィッシャー
ビール。おつまみ付き

バー
ホテル内のバー

さて、明日からどうしようか。
行きたい場所はガンジス川のほとりにある町バラナシとネパール。
ネパールってインドじゃないんだけど。

何も考えず、とりあえず現地で考えようと思っていたが、
これが大きな過ちだった。
スポンサーサイト

2006年インドに行った

世界4大文明の1つ、インダス文明を生みだした土地。
仏教発祥の地。
0という概念を確立した場所。
etc.etc.

2006年夏にインドに行った。

自分探しのためや藤原新也の「印度放浪」のような写真を撮りたかったから、
ではない。

かなり遅咲きでアジア旅行に目覚め(腐るほど時間があった学生時代にやっときゃよかったのに)、もう1人旅は終わりだなという年齢にさしかかった時、最後の場所としてインドがあった。

バックパック旅行では、かなりハードルが高いと聞いていて興味もあった。

南米やアフリカなどの選択肢もあっただろうが、
社会人としては時間が限られているうえ、チケットが高い。
インドもアジアといえないこともないし、なんとなくまだ安心という打算的な気持ちもあった。

子供の頃、親父と一緒にTVでインドに関するドキュメンタリー番組を見ていて、
根強く残るカースト制度について「お前はこれを見てどう思う?」と聞かれた。
そのとき答えられなかった記憶がどこかに残っていて、
その答えが見つかるのではないだろうかと思った。

そんなこんなで行ったインド。

たぶん古すぎて情報としては使えないし、
もうかなり記憶もおぼろになりかけているが、
備忘録兼写真アルバムとして残しておこうと思う。
プロフィール

凪井のん

Author:凪井のん
花
島之内で仕事をしています。
雑然とした雰囲気で、妙な懐かしさのあるこの場所に愛着があります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。