島之内つうしんスポンサー広告 ≫ 韓国料理「英子食堂」島之内つうしん島之内の飲食店 ≫ 韓国料理「英子食堂」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国料理「英子食堂」

島之内のなかほど、「スーパー玉出」の斜め向かいにある
韓国料理「英子食堂」。

英子食堂

道路に出されている看板には韓国伝統家庭料理「英子食堂」とあるが、店の入り口には韓国食堂「昔谷」とある。
いったいどっちが本当の名前!? 
とりあえずここでは韓国料理「英子食堂」としておく。

中に入ると店員のおばさんが一人。

いきなり韓国語で話かけられる。
韓国語の素養のない私は、まったく理解不能。

壁にホワイトボードがかかっていて、
日本語で説明文が添えてあるが、どうも昼ごはんっぽくない。

英子食堂 韓国料理 メニュー

「定食はありますか」と日本語でダメ元で聞いてみる。
が、だめだ。全然通じない。

「ランチメニュー」とか言ってみるが、ダメ。
でもおばさんはこちらの意図することを理解してくれたのか、
壁にあるホワイトボードのメニューの横にある小さな張り紙を指す。

ハングルで書かれているが、たぶんこれが定食メニューなのだろう。
おばさんが「魚」と一言日本語を交えて話す。
魚の定食なのだろう。

英子食堂 韓国料理メニュー2

値段は・・・1500円。高い!

でも修正してあるところを見ると、以前は2000円だったみたいだ。
ウォンじゃないよねと思ったが、しっかりと\マークが。

でもこれしかなさそうなので、「じゃあこれで」と言って、
指差しておばさんにうなずいて見せる。

店内は4人がけのテーブル席3席。それに座敷に4人がけのテーブルが2つ。

8皿の小皿がやってくる。
英子食堂 ナムル系

英子食堂 キムチ

もやし、ほうれん草、ぜんまいのナムルが3皿。大根と魚の煮物、こんにゃく、いもの短冊、海藻、そしてキムチで計8皿。かなり種類が多い。

おばさんは気さくに笑いながら話しかけてくれるが、いかんせん韓国語なので、何を言っているのかは分からない。

これに魚が付くんだな、と思って待っていると、
焼き魚がやってきて、さらに小さなチゲ鍋っぽいものが。

英子食堂 魚

英子食堂 チゲ鍋

おお、すげえ豪華!

さらに目玉焼きがやってきた。
合計11皿。

英子食堂 定食

すごい量だけど、食べきれるのか!? と不安になる。

まず魚からつついてみる。
白身。ぽろぽろと崩れて柔らかい。
こんなに魚がおいしいとは。久々においしい魚を食べた感じ。

ミニ鍋には、貝、とうがらし、いも、ねぎなどが豊富に入っている。
当然辛い。が、うまい。

小皿類もどれもおいしい。
特に大根と魚の煮物は、甘くて好きだった。
いもの短冊もよかった。

「しかし、韓国の人ってこんなに食うのかな」と思いながら箸を進める。

途中休憩で舌の辛さを中和するため、水を飲んでいると、
おばさんが「ご飯と一緒に食べなさい」(たぶん、そういう意味だったにちがいない)としぐさで示してくる。

別のおばさん(以降:おばさん②)が店に入ってきて、
料理を出したおばさん(以降:おばさん①)と一緒に昼ご飯を食べ始める。

何せおかずの量がハンパじゃないので、ご飯がなくなった。
お代わりを所望する。

お代わりを持ってきてくれたおばさん①。
私の前の2つの小皿が空になっているのを見て、
おばさん②に何か言っている。

するとおばさん②も私の方にきて、
その小皿2つと食べかけの目玉焼きを指差し、私に
「ちょーだい」と韓国語混じりで言ってくる。

私は????
「『ちょーだい』とは『追加料金ちょうだい』ってことで。ひょっとして、この小皿は全部食べてはダメで。食べたら追加料金を取られるのじゃないか?韓国ではいっぱい皿を出すが、1皿全部食べるのはルール違反なのでは?」
などと訳の分からないことを考える。

特におばさん②の顔が怒っているようにも見えて、余計そんなことを考えてしまった。

おばさん②は、さらに小皿を指して、「食べる」という。
とりあえず、私は「食べる?」と同じように指差して言ってみる。

すると、おばさん②が空いている小皿を持って、おばさん①に皿を指差して何か言っている。
そこでやっと分かった。
「お代わりはいるか?」って聞いてくれていたのだ。
さっきの妄想がバカらしくなる。

だけど、もともと量が多いので、お代わりなどいらない。
「お代わりいらない」と手を振ると理解してくれた。

そんなこんなで、半分残したキムチ以外は完食。

おばさん①が「おいしかった?」。
私は「おいしかった」と答え、「お腹いっぱい」とお腹をさするゼスチュアをする。
おばさん①は笑って、理解してくれたようだ。

清算をすると1500円。
さっきのご飯はタダだったようだ。

店を出るとき、おばさん①が「カムサムニダ~」。
私も「カムサムニダ~」と返し、店を出た。

あれだけ食べれば、美味しかったし、1500円の価値はある。
だけどあの定食はなんて名前のものなんだろう。
誰か教えてほしい。


ちなみにその他のメニューは
「豚の三枚肉の焼き肉」(1500円)
「じゃがいもと豚の背骨の鍋料理」(3000円)
「海鮮鍋」(3000円)
「鶏肉と野菜を甘辛く煮込んだ鍋料理」(3000円)
「ツブ貝を野菜と一緒にピリ辛ダレで和えた韓国の定番おつまみ」(1500円)
「スケトウダラのチゲ」(3000円)
「豚肉と野菜の甘辛炒め」(2000円)
「テナガダコと野菜の甘辛炒め」(3000円)
「イカとサムギョプサルと野菜の甘辛炒め」(3000円)
「参鶏湯」(3000円)
「豆腐キムチ」(2000円)
「牛肉と内臓の煮込みスープ」(1500円)
「鶏の砂肝炒め」(1000円)
「ネギのチヂミ」(2000円)
「チヂミ」(1500円)
など。


営業時間は12時~翌3時らしい。


↓MAPはコチラ
英子食堂


↓島之内エリア位置図

島之内位置図

コメントの投稿

非公開コメント

定食

始めまして。
私も以前からここのお店が気になっていました。
とても美味しそうですね。^^

管理人さまが食べられた定食は「ペクパン定食」と言って
白いご飯(白飯=백반)におかずとチゲがついてくる定食です。

メニューを見るとチゲは、味噌、キムチ、豆腐から選べる様ですね。

私も一度行ってチャレンジしてみます。

Re: 定食

> 始めまして。ね~ねさん、コメントありがとうございます!

貴重な情報ありがとうございます。
私はハングルが全く読めないので、
生粋の韓国料理屋さんに行くのはなかなか勇気がいります。
また、ご教授いただければありがたいです。

料理はどれもが美味しかったです。
ぜひ、行ってください。



プロフィール

凪井のん

Author:凪井のん
花
島之内で仕事をしています。
雑然とした雰囲気で、妙な懐かしさのあるこの場所に愛着があります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。